構成・委員会

【理事・役員・理事会メンバー】
役員 会 長  遠島 芳然
副会長  穴倉 廸彌
会長エレクト  菊田 等
直前会長  海野 均
会計  安藤 壽建
幹事  西智 樹
 海野 均
S A A  新谷 喜信
理事 クラブ奉仕委員長  西岡 憲廣
奉仕プロジェクト委員長  得能 宗洋
職業奉仕委員長  山岸 曉雄
社会奉仕委員長  海野 均
国際奉仕委員長  吉田 聡子
青少年奉仕委員長  望月 陽介
副幹事  得能 宗洋
ロータリー財団委員長

 中嶋 成実

【委員会構成】◎委員長 ○副委員長
[クラブ奉仕委員会] *プログラム・親睦・音楽・ニコニコ・ロータリー情報
◎西岡 憲廣(情) 〇久保 隆(情) 池﨑 潤(プ) 小川 眞治(プ)
 池上 喜重子(プ)
 出口 元治(プ) 桶谷 治(プ) 得能 宗洋(親) 吉田 聡子(親)
 山本 耕司(親) 中嶋 成美(親) 松下 徳良(親) 穴倉 廸彌(親)
 金井 英樹(親) 岡出 敏美(親) 髙見 幸浩(親) 横 山 哲也(親)
 多米 豊(音) 新谷 喜信(音) 望月 陽介(ニコ) 菊田 等(ニコ)
 小林 秀樹(ニコ) 山岸 曉雄(ニコ)
[奉仕プロジェクト委員会] *職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕
◎得能 宗洋 山岸 曉雄(職業奉仕) 海野 均(社会奉仕)
 吉田 聡子(国際奉仕) 望月 陽介(青少年奉仕)
[広報・会員増強委員会] *職業分類・クラブ資料管理・広報・クラブ会報・雑誌
◎西 智樹 〇池﨑 潤 小西 政秀 八木 健真 久保 隆
[SAA] ◎新谷 喜信 〇三上 直彦 渡邊 葉子
[ロータリー財団委員会] *ロータリー財団・米山奨学会
◎中嶋 成実 〇馬杉 榮一 冨岡 公治 森本 正夫
【国際ロータリークラブ第2510地区】
 委員会所属者名  委員会及び役職
 森本 正夫 ガバナー諮問委員会委員及びガバナー指名委員会委員
 渡邊 葉子 RLI 委員会委員長
 小林 秀樹 広報・ICT 委員会委員
 海野  均 インターアクト委員会委員
 望月 陽介 青少年交換委員会委員長

クラブ奉仕委員会


委員長 西岡 憲廣 副委員長 久保 隆
情報 西岡 憲廣 久保 隆
プログラム 池﨑 潤 小川 眞治 池上 喜重子
     出口 元治 桶谷 治
親睦 得能 宗洋 吉田 聡子 山本 耕司
   中嶋 成実 松下 徳良 穴倉 廸彌
金井 英樹 岡出 敏美 髙見 幸浩
横山 哲也
音楽 多米 豊 新谷 喜信
ニコニコ 望月 陽介 菊田 等 小林 秀樹


1.活動方針
「明るく、楽しく、出席しやすいクラブ」をモットーとして、会員相互の親睦を図り奉仕活動を
 活性化するため、親睦、プログラム、音楽、ニコニコ、会員増強を重点的 に行ってまいります。


2.計画
 昨年度はコロナウイルスの関係でプログラムが下半期予定どおり実施できなかったこともあり、
 積み残しの部分を含め、時宜を得たテーマを取り上げてまいります。 ニコニコは昨年度下期に
 コロナの関係で休会が続いたため予算を下回りましたので 今年度は挽回したく思っております。
 親睦はより楽しいものにするよう努めてまいります。

奉仕プロジェクト委員会

    委員長 久保  隆
委員長 得能 宗洋
職業奉仕委員 山岸 曉雄
社会奉仕委員 海野  均
国際奉仕委員 吉田 聡子
青少年奉仕委員 望月 陽介

Ⅰ.方針及び重点
  今年度に関しては、COVID19の感染予防を考慮して、当面「新しい生活様式」または「新北海道
 スタイル」を前提に各委員会(職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・青少年奉 仕)の奉仕活動を実践する。
  その中でもロータリークラブらしさ、または西北らしさ、そして地域社会に貢献できるプロジェクト
 を追求し継続事業の内容を充実させ、この時代だからできる奉仕活動を委 員会メンバーで議論を重ね
 新しい形の奉仕活動を検討・実践する。

Ⅱ.計 画

1.職業奉仕委員会

委員長 山岸 曉雄


  1.方針及び重点
    新型コロナウィルス対策として「新しい生活様式」の定着が求められる中、職業奉仕というロー
    タリークラブ固有の理念について、改めて考える機会を設け、理解の深化と今後の新たな可能性を
    探求する。
  2.計画
   Web会議ソフト「Zoom」にみる、事業環境の変化への対応とその可能性 職場訪問による職業
   奉仕についての一層の理解促進(状況が好転した場合に実施を検討)

 2.社会奉仕委員会

委員長 海野 均


  1.方針及び重点
    「札幌西北ロータリークラブを成長させる為には」をモットーに山の手高校インターアクトクラ     ブ、地域住民の方々との奉仕活動を主軸とした新たな奉仕活動に取り組む段取りをしていきます。
  2.計画
   (1)三角山登山道の清掃と四阿の維持管理活動の実施
   (2)大通公園プランターの植栽事業に実施
   (3)ほっかいもっかい杯スポGOMI大会 参加
   (4)山の手高等学校勇者の会チャリティーコンサート
   (5)山の手高校インターアクトクラブと一緒に考え行動できるものを積極的に取り組む
    ※但し、コロナの関係で、どの様な状態になるのかも踏まえて、人が集まらなくても出来そうな
     奉仕活動を1つ2つと考えて、増やしていけると面白いと思います。(リモート奉仕活動)

 3.国際奉仕委員会

委員長 吉田 聡子


  1.方針及び重点
    (1)2021年6月12日~16日に台北での開催が予定されているロータリー国際大会に多くの
       会員で参加する。
    (2)新型コロナウイルス感染症の影響で、海外に出向いての奉仕活動は難しいと予想される中、
       新しい生活様式の中で実施可能であり国際社会の平和に貢献できる新たな国際奉仕のあり
       方を検討する。
  2.計画
   (1)Withコロナ、Afterコロナの世界の中で、西北RCらしい新たな国際奉仕のあり方を検討する
      機会をもうけ、会員から広く意見を募る
   (2)次年度以降、実施可能な計画案を策定し提案書としてまとめる

 4.青少年奉仕委員会

委員長 望月 陽介


  1.方針及び重点
    次世代を担う青少年の育成を願い、札幌山の手高校インターアクトクラブの奉仕活動を
    支援する。
    又、活動の機会を共に行い相互理解を深め未来を担うより良い環境つくりに貢献します。
  2.計画
   (1)山の手高校インターアクトクラブの活動支援
   (2)山の手高校インターアクトクラブとの共同奉仕活動の実施
   (3)山の手高校インターアクトクラブとの新たな共同事業の創造
   (4)西区・手稲区中学校スポーツ大会への協力

広報・会員増強委員会

    委員長 西 智樹 副委員長 池﨑 潤
委 員 久保 隆 小西 正夫 八木 健真

 1. 方針及び重点
 (1)会員増強  会員一人が一人の新会員を連れてくる事を目標とする。
 (2)広報    会員増強につながる当クラブの魅力を発信する為。
          当クラブ HP を充実させる努力をする。
 (3)会報    例会の魅力を伝える会報を作成・発信する。
 2. 計  画
 (1)会員増強
    ①結果が出た昨年同様の活動を継続します。(会員一人が一人の新会員を誘う)
    ②入会希望者が現れた時に、当クラブの魅力が伝わるよう公式 HPを充実させSNSを活用する。
    ③例会出席の少ない会員には個別に連絡をし、退会を防ぐ。
 (2)広報
    ①HP の充実や SNS の活用で当クラブの魅力と参加意義を伝える。
    ②新会員が早く当クラブに馴染み活動によるストレスが起きぬよう積極的に
     コミュニケーションを取る努力をする。
    ③地区広報・ICT委員会の支援のもとMY ROTARY登録の働きかけを行います。
 (3)会報
    会報の為の原稿を HP に活用し例会の魅力の発信に努めます。

SAA委員会

    委員長 新谷 喜信 副委員長 三上 直彦
委 員 渡邊 葉子

 1. 方針及び重点
  ・当クラブのモットーである「明るく、楽しく、出席しやすいクラブ」を目指し、1 年間活動する
  ・新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止を図る。
 2. 計画
   (1)新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止のため、マスク着用、手指消毒を促し、
      座席は間隔をあけ、透明仕切り版を設けて当面の間、自由席とする。
   (2)各会員にホームクラブ出席を促し、ホームクラブ例会出席100%を達成した会員には
      その功績を讃え、表彰する。


ロータリー財団・米山奨学会委員会

    委員長 中嶋 成実 副委員長 馬杉 榮一
委 員 冨岡 公治 森本 正夫

 1. 方針及び重点
  ロータリー財団使命のポリオ撲滅運動等の活動を理解し、その歴史を繙き、
  より 多くの会員の協力を仰ぐ。
  又、米山奨学会制度については奨学事業の意義と成果を、会員に周知を仰ぐ。
 2. 計画
  ロータリー財団寄付 目標 一人 150 ドル 合計額 5,000 ドル
  米山奨学会寄付   目標 一人 16,000 円 合計額 544,000 円