構成・委員会

【理事・役員・理事会メンバー】
役員 会 長  海野  均
副会長  山本 耕司
会長エレクト  遠島 芳然
直前会長  吉田 聡子
会計  山本 耕司
幹事  池﨑  潤
S A A  新谷 喜信
理事 クラブ奉仕委員長  得能 宗洋
奉仕プロジェクト委員長  久保  隆
職業奉仕委員長  前島 治基
社会奉仕委員長  望月 陽介
国際奉仕委員長  中嶋 成実
青少年奉仕委員長  菊田  等
ロータリー財団委員長

 西岡 憲廣

副幹事  前島 治基
【委員会構成】◎委員長 ○副委員長
[クラブ奉仕] *プログラム・親睦・音楽・ニコニコ
◎得能 宗洋 ○西 智樹
 多米豊 松下徳良 池上喜重子 小林 秀樹 桶谷 治 安藤 壽建
 吉田 聡子 遠島 芳然 望月 陽介 前島 治基 山岸 曉雄 馬杉 榮一
 小西 正夫 八木 健真 高元 寛治 出口 元治
[奉仕プロジェクト] *職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕
◎久保 隆 前島 治基(職業奉仕) 望月 陽介(社会奉仕)
 中嶋 成実(国際奉仕) 菊田 等(青少年奉仕)
[広報・会員増強] *職業分類・クラブ資料管理・広報・クラブ会報・雑誌
◎吉田 聡子 冨岡 公治
[S A A] ◎新谷 喜信 ○三上 直彦 森本 正夫
[ロータリー財団] *ロータリー財団・米山奨学会
◎布川 耕吉 ○渡邊 葉子
[ロータリー情報] ◎西岡 憲廣 穴倉 廸彌 小川 眞治
【国際ロータリークラブ第2510地区】
 委員会所属者名  委員会及び役職
 森本 正夫 ガバナー諮問委員会委員及びガバナー指名委員会委員
 渡邊 葉子 RLI 委員会委員長
 小林 秀樹 広報・ICT 委員会委員
 海野  均 インターアクト委員会委員
 望月 陽介 青少年交換委員会委員長

クラブ奉仕委員会

委員長 得能 宗洋 副委員長 西 智樹
[プログラム]
[親睦]
[音楽]
[ニコニコ]

1.活動方針

 年々例会欠席が増え常態化しています。例会出席はロータリアンとして最小限の奉仕と言われています。例会出席によって親睦と奉仕の理想が実現するともいわれます。親睦・プログラムに力を入れ、「明るく、楽しく、出席しやすいクラブ」を目標に会員同士のコミュニケーションがより良く図られる例会作りを行います。今年度は、欠席者ゼロを目指し、皆様のご協力の程宜しくお願い致します。

奉仕プロジェクト委員会

    委員長 久保  隆
職業奉仕 委員長 前島 治基
社会奉仕 委員長 望月 陽介
国際奉仕 委員長 中嶋 成実
青少年奉仕 委員長 菊田  等

Ⅰ.方針及び重点

奉仕プロジェクト委員会は、各委員会の事業に協力し、又、地域社会のニーズに応えるよう支援し、各委員会のプロジェクトが、会員・地域の方々にも十分認知していただけるよう努める。地元地域から国際社会に至るまで、奉仕プロジェクトを通じて、地域、世界をより良い場所にするために活動することが求められています。ロータリークラブが取り組める有意義なプロジェクトは多数ありますが、自分のクラブに最もふさわしいプロジェクトを見つけ、実践して参ります。

Ⅱ.計 画
 1.職業奉仕委員会
  1.方針及び重点
    会長方針である「札幌西北ロータリークラブの真の価値を掘り下げ伝える」に則り、
    職業奉仕を考える機会を設ける。
  2.計画
   (1)会員の企業に訪問し、異業種への理解を深める。
   (2)職業奉仕の考え方を改めて見直す機会を設ける。
   (3)会員の職業を理解するため、クラブホームページ上に情報を共有する。

 2.社会奉仕委員会
  1.方針及び重点
    地域社会の人々の生活の質を高めるための事業を積極的に行い、さらにロータリークラブの
    活動が認知されるよう、新しい社会奉仕活動の創造。
  2.計画
   (1)三角山登山道の清掃と四阿の維持管理活動の実施。
   (2)大通公園プランターの植栽事業の実施。
   (3)新たな社会奉仕活動の創造。

 3.国際奉仕委員会
  1.方針及び重点
    各国の実情を理解し、現状に即した効果ある国際奉仕活動について会員に理解と協力を仰ぐ。
  2.計画
   (1)交換留学生のクラブ行事、例会参加を通して交流を図る。
   (2)東南アジア(タイ国)の水事情を理解し、効果ある活動のため地区国際奉仕事業の一つで
      あるクリーンウォーター事業に参加する。
   (3)国際大会(ドイツ ハンブルク)参加に努める。
   (4)友好クラブ(ヘルシンキ北西RC)
   (5)東南アジア(タイ国以外)で、国際奉仕の支援をしたい。

 4.青少年奉仕委員会
  1.方針及び重点
    次代を担う青少年の育成を願い、山の手高校インターアクトクラブの皆さんと奉仕活動の場を
    ともにすることにより、相互の理解を深め未来を担う子どもたちに対し、より良い環境を作る
    ことに貢献します。
  2.計画
   (1)インターアクトクラブとの協力。
      ※例会において山の手高校インターアクトクラブ活動報告。
   (2)西区・手稲区中学校スポーツ大会への協力方法について再検討のうえ協力 。
   (3)その他 。

広報・会員増強委員会

    委員長 吉田 聡子
委 員 冨岡 公治

 1. 方針及び重点

 (1)会員増強    長期目標「チャレンジ50」を掲げ、会員増強を図ります。
             現在の会員数34名から今年度3名純増を目指します。
 (2)教育・広報   若手・新会員向けの教育、公共イメージ向上のための施策を行います。
 (3)会報      西北RCの魅力や価値を伝えるために見直しを行います。
 (4)雑誌      会員へ雑誌からの有益な情報を提供します。
 (5)ロータリー情報 ファイヤーサイドミーティング(FSM)を主催、また、RI・地区等の情報を
             会員に伝えます。
2. 計  画
 (1)会員増強
    ①職業分類に基づく未充填の補充を図ります。
    ②夜間例会に会員候補者を招待し、会員に勧誘する機会を設けます。
    ③委員会やJC出身者等からの情報提供により若手・女性の勧誘を行います。
 (2)教育・広報
    ①前年度クラブ支援委員会の資料を基に、西北RCオリエンテーション資料を作成します。
     西北RCの独自色を取り込み、新会員だけでなくRC歴の浅い会員へ配布し、ロータリーの基本
     認識を高めます。
    ②クラブホームページを改定するなど、公共イメージ向上を図ります。
    ③地区広報・ICT委員会の支援のもとMY ROTARY登録の働きかけを行います。
 (3)会報  会報の紙面・記事の見直しを図ります。
 (4)雑誌  「友」・「ガバナー月信」・「ロータリー文庫」等から情報を提供します。
 (5)ロータリー情報
    ①FSMを年2回開催します。会員増強につながるテーマとし、先輩と若手の交流やより深く
     知り合い、RC精神を引き継げるよう、少人数で開催します。
    ②適宜RI・地区・他クラブの情報を会員に伝えます。

ロータリー財団・米山奨学会委員会

    委員長 布川 耕吉
副委員長 渡邊 葉子

 1. 方針及び重点
  R財団のポリオ撲滅運動への理解を深めるための啓蒙を行います。
  米山記念奨学事業への意義と成果を会員に周知するために、米山学友の卓話を実施します。
 2. 計画
 (1)ロータリー財団への一人当たり150ドル寄付の達成
 (2)米山記念奨学会への一人当たり1万6千円の寄付の達成